『インターネット イエローページ〈1996年度版〉』を読み返して

『インターネット イエローページ〈1996年度版〉』を読み返して

『イ ンターネット イエローページ〈1996年度版〉』(ソフトバンク)を読み返しています。これは Harley Hahn (1996?), The Internet Yellow Pages (Internet Yellow Pages, 3rd ed), Mcgraw-Hill Osborne Media の翻訳に日本の情報を加えたもので、様々な発見があり、実に面白いです。本編(原著翻訳部分)に掲載されているウェブサイトがおそらく1万件を超えるくら い(804ページ)、付録として追加された日本のウェブサイトが約2000件(121ページ)です。この頃はちょうどバーチャル・ホストの技術が登場した ばかりで、相当大きな組織でも独自ドメインをもたず、URL が他の組織やプロバイダのサブ・ディレクトリになっているものが多いです。

1996年以降に生まれた組織やサービスがないのは当然ですが、当時の有名な組織や企業でも掲載されていないものが多く、巨大な組織でもしっかりし たウェブサイトをもっていないところがけっこうあったことをうかがわせます。本編でコンピュータ企業として掲載されているのは BTG、DEC、HP、Microsoft、NEC、SCO、Sun の7社のみで、日本からなぜか NEC だけが入っているのは不思議です。ウェブサイトを立ち上げたのは富士通が早かったはずですが。しかも URL は "nec.co.jp" ドメインでした。米国法人の "nec.com" でなく日本のドメインになっているのも興味深いです。なお、付録に追加された日本のコンピュータ企業は300を超えています。

その他、いろいろ面白い点がありますが、また時間のある時に続きを書きます。

コメントを追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
By submitting this form, you accept the Mollom privacy policy.